24キロダルトン : 自作オナホなどの理想的なオナグッズを探究するブログ

メニューまで移動

「自作オナグッズ」のアーカイブ

自作オナホ関連、実験、使えそうな素材や道具に関するエントリーがあります。

自作オナグッズ雑記

2015年05月19日(2007年05月15日~)

自作オナグッズに関する、ごちゃ混ぜメモです。外部リンクの紹介、気になる用語。

自作オナホ関連グッズ

2014年07月25日(2007年05月15日~)

オナホ作成時に使用している樹脂や道具など。

はたして、初々しい妹は洗濯機の中でも覚醒しちゃうのか

2014年05月25日(2013年04月30日~)

ネット上で囁かれている、オナホの“覚醒”なる現象。自作オナグッズとは無関係ですが、なんだか気になったので自分なりに実験してみました。結果としては収穫こそあれ、洗濯機を使った量産型覚醒妹は無理っぽいですね。覚醒についても今回は確認できませんでした。やはり地道に育成するのが一番のようです。

自作オナホ第2号

2012年12月08日(2012年02月24日~)

まだ始まったばかりで完成するのかどうかも怪しいですが(汗)、どんなオナホになるのかワクワクしています。

VP7550とコラーゲンペプチドを混ぜたものをチェック

2009年08月10日

自作スレの情報から。コラーゲンは入手できなかったので、コラーゲンペプチドで試してみました。ひっぱると簡単に切れてしまいますが、スポンジケーキみたいになるのもあって面白い発見でした。

オナグッズ“VAGINA-ABDRUCK(myヴァギナを作ろう!)”の素材だけチェック

2009年04月09日

自作スレの情報から。軟らかくないのでオナホ素材としては使えませんが、今までとは違う樹脂だったのでワクワクしました。

VP7550とM8012を混ぜたものをチェック

2008年09月08日

ネットで人工皮膚(?)の情報を見つけ、入手できなかったシリコーンSLJ3266のかわりにM8012でやってみました。これといった結果はでませんでしたが、今回のを機に他の素材も混ぜてみたくなりました。

自作オナホ第1号を作成

2008年07月23日(2007年11月29日~)

ついに、VP7550を100%使用して最初の自作オナホが完成しました!軟らかさも強度も足りず課題の残る結果となりましたが、これからも作り続けます!

シリコーン“VP7550”をチェック

2007年10月02日

今のところ、シリコーンでは一番オナホ素材に似た軟らかな素材ですが、まだオナホ素材の軟らかさには及ばないと感じました。

ポリウレタン“ハプラプリンゲルPL40”をチェック

2007年08月30日

今までのポリウレタンと違って粘着力はありませんが、軟らかくないのでオナホ素材としては使えなさそうです。

ポリウレタン“ハプラプリンゲルPL5”をチェック

2007年07月10日(2007年06月17日~)

“人肌のゲル原液 硬度0”と同じく、粘着力が結構あって軟らかさもまずまずです。型の乾燥不足により、硬化不良がおきたもようなので再挑戦しました。

ポリウレタン“人肌のゲル原液 硬度0(やわらかめ)”をチェック

2007年05月23日

なかなかの軟らかさですが、硬度5のものと同じく粘着力が結構あります。硬化不良がおきたかも?要再挑戦。

ポリウレタン“人肌のゲル原液 硬度5(ふつう)”をチェック

2007年05月15日

粘着力が結構あります。あまり軟らかくないので、オナホ素材として使えるかは微妙です。

ゲルトーマ製オナホをチェック

2007年05月15日

他素材との比較用に、市販のオナホ(ゲルトーマ素材らしい)を薄く切ってチェックしてみました。軟らかいのに、かなり引っ張っても切れないのがスゴいです。こんな素材が見つかるといいな~。

24キロダルトン, クロイワサンニ, ©2005 by クロイワサンニの代理人(961832p).
Powered by Blosxom, Hosted by 80code.com.