24キロダルトン : 自作オナホなどの理想的なオナグッズを探究するブログ

メニューまで移動

カテゴリ : 自作オナグッズ

自作オナホ関連グッズ

オナホ作成時に使用している樹脂や道具など。

はかり1

2007年05月15日 00時00分

家で料理に使っているデジタルはかり。シンプルなのが気に入っています。

硬化剤を計量している時にオートパワーオフされると焦ります(^ω^;)

離型剤1

2007年05月21日 16時18分

素材を型から取り出しやすくするものです。離型剤の存在は自作スレで初めて知りました。

容器1

2007年05月23日 15時31分

混ぜるときに使うビーカー。再利用可能。底の角が丸くなってて、混ぜムラがおきにくくなっているのが好印象です。

粘着力があるものでも大丈夫でした。うまくいくとベロンとはがれるので、後始末が簡単で気分もいいです。

型取り用シリコーン1(新スーパーEXシリコーン)

2007年06月18日 01時12分

わかったこと

主剤は計量する前によく混ぜておく(予備攪拌)

あまり臭くはないのですが、しばらくかき混ぜていると鼻の中がヒリヒリしてきました(おそらく硬化剤のせい?)。換気は必ずしたほうがいいです。

シリコーン型は硬化後も1週間くらい放置して、オイルやアルコールなどを完全に揮発させないと、流し込む素材によっては硬化不良がおきるようです。

離型剤2

2007年07月10日 17時14分

容器2

2007年07月10日 17時14分

本来の用途ではないのでしょうが、離型剤がなくてもキレイにはがれるので素材テスト用の型に使っています。

はかり2

2007年07月10日 17時14分

ACアダプタや収納ケースが付いた、お得なバリューパックです。

離型剤3

2007年09月10日 16時35分

これは自転車用に買ったものですが、離型剤として使えるようです。容量が多く、価格もお手頃です。

自作温室1

2007年09月10日 19時20分

樹脂の硬化を促すため必要に迫られ、家にあるもので作った即席温室。ダンボール側面に穴をあけ、ふとん乾燥機を接続しただけです(笑)。

ふとん乾燥機のほうは、洗濯物を急いで乾かす場合にも使っていたのですが、2010年の秋ごろ温風にならなくなりました(笑)。どうやら故障したもようです。

型枠材1

2008年01月18日 19時06分

少し面倒そうですが汎用性があると思い、購入しました。

レンガ壁のように半キャラずらしで積み上げていくと、しっかりした壁ができるようです。

積み上げ時、ユルユルもしくはキツキツなブロックもたまにありましたが、組み合わせを変えて対処できます。

正直、漏れないか心配でしたが、型取り用シリコーン1では隙間に入り込むことはあっても漏れ出てくることはありませんでした。

枠を作る時と外す時が少し面倒ですが、ブロックの許す限り、色々な型枠が作れるので便利そうです。

最近気がつきましたが、はずす時は逆さまにしてからやると指が引っ掛けられるので楽にはずせます。

油粘土1

2008年01月18日 19時06分

主に型取りの際に使用する粘土として購入。この香りは図工の時間を思い出します(笑)。

注型用レジンキャスト1(EXキャスト)

2008年04月24日 15時14分

わかったこと

最初、ふたの開け方がわからず本気で悩んでしまいました(笑)。混ぜて一定時間たつと一気に色が変わって固まるので、ついジーッと見てしまいますね。

指に付着したのが固まると、はがすのが大変です(笑)。型取りブロックにこぼしてしまって分解できなくなりました(笑)。

型枠材2

2008年06月03日 20時59分

シリコーンなど買っている時に見かけて、ついでに購入してしまいました。自分には必要無いと分かっていても、いったん気になりだすとダメですね(苦笑)。

「あれば便利」的なもので、なくても全然困らないですが、ブロックだけだと土台の粘土を薄く均一にできないので、これがあると簡単にできるのがいいと感じました。

型取り用シリコーン2(SG-020)

2008年06月11日 16時17分

わかったこと
  • 色は、ほとんど白
  • においは、湿布のにおいを薄めたような感じ(硬化剤のもの)
  • 液はドロッとしているけど、なめらかで伸びがある

色や液体の感じが“型取り用シリコーン1”と似ていますが、硬化後はこっちのほうが硬めな気がします。

心棒の素1(長ネジ)

2008年06月11日 16時23分

たまたまホームセンターで見かけたネジです。溝の間隔や深さがオナホのそれと似ているので使えそうです。100円でした。

型取り用シリコーン3(ELASTOSIL M8012)

2008年09月08日 15時22分

わかったこと

硬化前も後も“型取り用シリコーン2”とかなり似ています。

ってか硬化剤も同じだし、色と粘度と硬さぐらいしか特性見てませんけど(汗笑)、もしかしたらM8012と中身が同じだったのかもしれません。

型取り用シリコーン1も似ているけど、この2つとは硬さなどの感じが少し違うので別種なんでしょうか。

型取り用シリコーン4(ELASTOSIL M8520)

2009年02月09日 18時03分

わかったこと

現時点では、このシリコーンは今まで試してきた中で一番粘度が高いですね。今までのシリコーンは容器を少し浮かせたところから何回か落とせばある程度気泡は抜けたのですが、これは混ぜていると気泡がどんどん入り、しかも振動を与えても小さい気泡はほとんど移動しません。

いつものように、テスト用の型に流し込んで硬化させました。硬化後の取り出しも特に問題はありませんでしたが、素材が半透明なので、気泡が大量に含まれているのがよく見えます(苦笑)。

けっこう硬いです。でも弾力があって、強く折り曲げても大丈夫っぽいです。数値上では、引張強さや引裂強さがVP7550の数倍はあるようなので、混ぜて強度アップに使えそうかなと思いました。

オナホ心棒関連

2014年07月25日 14時39分

24キロダルトン, クロイワサンニ, ©2005 by クロイワサンニの代理人(961832p).
Powered by Blosxom, Hosted by 80code.com.