24キロダルトン : 自作オナホなどの理想的なオナグッズを探究するブログ

メニューまで移動

カテゴリ : デジタルカメラ

デジタルカメラ“LUMIX G3 エスプリブラック DMC-G3K-K”

G14-42mmレンズキットです。GH1の代わりとするべく使い始めました。

GH1からG3へ

2011年08月08日 01時17分

少し前にもつぶやいていますが、主に使っているGH1の代わりとなりそうなボディとして気になっていたので購入。ネットショップにて約70000円ちょっとです(2011年7月)。発売ギリギリまで注文するのを迷っていたのが災いしたのか中々入荷せず、届いたのは7月末でした(汗笑)。

当初はボディだけにする予定だったものの、自分は標準ズームレンズをまだ持っていなかったため、これもついでと"LUMIX G VARIO 14-42mm/F3.5-5.6 ASPH./MEGA O.I.S. H-FS014042”がセットになった"DMC-G3K エスプリブラック”を選ぶことに。

動画撮影の頻度から

GH1の代わりとするなら、やっぱり内蔵EVFとフリーアングル液晶は必要です。動画用にとGH1を買った2年前は選択肢がほかに無かったのですが、現在は後継モデルのGH2に、今回のG3と前モデルのG2があり、G3と値段がさほど変わらないGH2にしようか特に迷いました。でも自分の場合、動画はブログ用としてたまに記録するくらいで、H.264コーデックが使え720pもあれば十分といったところです。それなら小さいG3が自分には合っているかなといった考えに落ち着きました。

今回もまた実機を見ずに注文してしまいました(汗)。実際に届いて初めて手にしたときは、小さいぶんEVF部分が突き出た印象だったでしょうか。また、GH1と比べてシャッターボタンや後ダイヤル(GH1は前ダイヤル)の感触が違い、よく使う部分なだけに少し気になります。シャッター音は気持ちスッキリしたような。

人生初のタッチパネル機

と、こんな感じでGH1との違いも当たり前ですがあるようで、まだG3をあーだこーだサワサワしている段階です。そもそもタッチパネルを使ったデジカメは初めて。まずはこの操作感に慣れないといけませんね。一つワガママを言わせてもらうなら、おそらくこのタッチパネルを使う頻度が増えるので、できれば以前のGシリーズにあったアイセンサーは残して欲しかったです。

電子シャッター連射モードには最初ビックリしました。面白そうな機能だけど、無音では何だか撮っている感じがしなくてポカーンとした気分に(笑)。かといって音をつけるも、それはそれで今度は騒がしく(汗)。“ピンポイントスポットAF”や“EXテレコン”など他にも自分には初めての機能があって、やっぱり新しいものに触れるのはワクワクしますね。

正直、G3の外見は自分の好みではありませんが(汗)、GH1と同じく、手にした以上このG3もあーだこーだ悩みながら愛着を持って使い続けてゆきます!GH1も今後は室内で撮るときや、動画を複数台で撮りたいときに出番がありそうでしょうか。

RawTherapeeでの現像について

※この情報は以降のストーリーで更新されています

RAW現像については、使い慣れているRawTherapeeが残念ながらまだG3に完全対応していないみたいです。自分が現在使っているバージョン(rawtherapee_winXP_2011-07-16_win32_3.0B1.77_f375835d4ed1_release)でも読み込まれはするものの、全体が赤白く(?)なってしまうため現在G3のRAW現像はお預け状態。新しい撮像素子だから仕方ないのかもしれませんが、すでに公式サイトのフォーラムに報告されているから近いうちに修正されるといいな~。…素直に付属のSILKYPIXを使えばいいのに。なんだか意固地になっています(汗笑)。

現在の使用アクセサリー
【diagnl】 Ninja Camera Strap / 25mm Black
【KIRK】 セキュリティーストラップ SS-1(旧タイプ)
【KIRK】 カメラプレート PZ-17
【児島商店】 平型アイレットアダプター 8mm ブラック
【?】丸型リング

これはGH1から引き継ぎました。G3は普通にストラップをつければいいものを…このスタイルが染みついちゃっています(汗笑)。少し改良。

【マンフロット】 POCKET三脚 L ブラック MP3-D01

特に理由も無くSS-1に装着中。ネットショップにて約3000円ちょっとでした(2011年4月)。

【OLYMPUS】 ホットシューカバー VE253700

G3やGH1にもピッタリはまります。1個150円くらい(2011年8月、ネットショップにて)。

RawTherapee v4.0.2 がG3に対応!

2011年08月27日 23時26分

G3に対応したRawTherapeeがリリースされました。さっそく実際にG3のRAWファイルを現像してみると、たしかに今までのように色が変になることがありません。今回のバージョンは他にも色関連の改善が多数されたもよう。本当ありがたいです!

バージョン4は32bit浮動小数点で画像処理しているなど、PCへの要求スペックもそれなりに高そう。64ビットOS推奨なので、いまだWinXPな自環境では使えるのか不安でしたが、以前のバージョンと同じく稀に落ちることはあるものの大丈夫そうです。PCのメモリは4GB積んでいるので、上記リンク先サイトの32ビットOS版のところにある注意書きに従い、Windowsのboot.iniファイルへ/3GB/userva=2900のオプションを追加しています。

とにもかくにも、これで思うぞんぶんG3を使うことができるのでホッとしました。

その他

2011年08月27日 23時55分

24キロダルトン, クロイワサンニ, ©2005 by クロイワサンニの代理人(961832p).
Powered by Blosxom, Hosted by 80code.com.