24キロダルトン : 自作オナホなどの理想的なオナグッズを探究するブログ

メニューまで移動

カテゴリ : 自作オナグッズ

ポリウレタン“ハプラプリンゲルPL5”をチェック

“人肌のゲル原液 硬度0”と同じく、粘着力が結構あって軟らかさもまずまずです。型の乾燥不足により、硬化不良がおきたもようなので再挑戦しました。

人肌のゲルと同じ、ウレタン樹脂の素材

2007年06月17日 15時31分

…今回のは手ごわそうです。混合比0.01g単位というのは、人肌のゲルでいうところの精度1%と同じ意味なのでしょうか?

用意したもの

本当は硬化剤2.8gじゃないと駄目なのですが、はかりの最小単位が0.5gなので3gになっています。

作業の流れ

計量してよく混ぜた後、離型剤を吹き付けたシリコーン型に流し込みます。シリコーン型2つに入れてもまだ液が残っていたので、残りは紙コップに入れました。

自分はよくシフォンケーキを作るのですが、生地を型に入れるとき、高い位置から入れると気泡を潰す効果があります。これも同じかもしれないと思ってやってみました。

同じウレタン樹脂だからでしょうか、色・におい・トロみが“人肌のゲル原液”のそれとよく似ています。

今回、特に気になったのが「常温ではマトモに硬化しないかも」と書いてあったことです。そこで急遽、ふとん乾燥機と段ボール箱で温室もどきをつくり、その中で硬化させることにしました。

シリコーン型の一つと紙コップのを箱の中へ、そして、もう一つのシリコーン型は箱の上に置いて常温で放置してみることにしました。

シリコーン型のは失敗?

2007年06月17日 15時31分

紙コップのものはうまく取り出せました。しかし、シリコーン型で作ったものの側面は表面から5mmぐらいまではツルツルなんですが、そこから下はネバネバしたものが表面にあり、指に付着します。これは温室製、常温製のどちらもあり、そのネバネバ度合いも同じでした。

どうやら失敗のようです(´・ω・` )。シリコーン型の乾燥が不十分なのかもしれません。とりあえず無事な、紙コップのものでテストすることにしました。

感じとしては“人肌のゲル原液 硬度5(ふつう)”のものより少しかたく、粘着力も弱かったのですが、今回は硬化剤が少し多めなので、実際はもっとやわらかく、粘着力も強い可能性があります

保留(´・ω・`)

今回は、硬化剤の計量不備、シリコーン型のものが硬化不良、と問題がいくつかでてきました。納得がいかないので、今度はきちんと計量して再テストします。

再挑戦!

2007年07月10日 17時14分

前回納得がいかなかったので、はかりをパワーアップさせて再テストです。また、シリコーン型も作ってから時間が随分たっているので、これでも硬化不良がおきるか試してみます。

用意したもの

作業はいつもと変わりありませんが、今回は別の離型剤も使ってみました。

今度は成功?

2007年07月10日 17時14分

やはり温室と常温で分けて硬化させました。結果は見た感じ、すべて成功っぽいです。塗るタイプの離型剤のものは、表面がマットな感じになりました。

感じとしては、“人肌のゲル原液 硬度5”よりやわらかく、“人肌のゲル原液 硬度0”よりかたい、といったところでしょうか。粘着力は強力です。

わかったこと
24キロダルトン, クロイワサンニ, ©2005 by クロイワサンニの代理人(961832p).
Powered by Blosxom, Hosted by 80code.com.