24キロダルトン : 自作オナホなどの理想的なオナグッズを探究するブログ

メニューまで移動

カテゴリ : ハードウェア

折りたたみ自転車“A-bike”

気になったので買ってはみたものの、あまり乗らないまま放置状態に(苦笑)。でも電車運休時に活躍しました。

A-bike発見、注文、そして開梱

2007年09月19日 14時59分

2ヶ月ぐらい前、いつものようにネットの海を漂流していたところ、見つけてしまったのです。ちょっとオモチャっぽいけど、外見がメカメカしく無くて、どこにでも持ち運べそうなのが魅力的に感じました。

自分は、かれこれもう10年以上自転車というものに乗っていませんし、自動車免許もなく、車関係は無知そのものです。どうしても気になったので、もう少し深く調べてみると、メンテナンスや修理が難しそうな感じです。なんせ自分は今まで、“タイヤに空気を入れる”と“チェーンに油を差す”ことくらいしか記憶に無いので(笑)。

でも改造もできたり、色々なアクセサリをつけられたり、と楽しそうです。今まで自転車は“1個の塊”というイメージだったのですが、自作パソコンみたいにカスタマイズできるということが分かって、やっぱり欲しくなりました。

そんなこんなで少々不安でしたが、ボーナスが間近だったこともあり、楽天市場で予約注文してしまったのです。約59000円ちょっとでした(2007年7月、ネットショップにて)。届いたのは8月の初めぐらいです。さっそく開けてみました。

電車が運休、その時

2011年03月23日 18時07分

2011年3月11日、金曜午後。それは今まで経験したことのない地震でした。出社して東京区内にいた自分は、その時ちょうどトイレの真っ最中。ユラユラと変な間隔で揺れ始めたので「いつものと何だか違うな~」なんて思うのもつかの間、それがユッサユッサと大きくなり、ミシミシいう壁、何かが割れる音そして窓の外からの悲鳴。ここにきてようやく危険だと感じました。

無事脱出するも、駅にはシャッターが降り完全に電車がストップ。住処まで約50キロある道のりを徒歩で帰ることに…。首都高沿いをゾロゾロとゆく同じ目的だろう人ごみに自分も交じって歩き、「なんだか(アニメの)東京M8みたいだな」と他人事のように眺めていたのを覚えています。このように現実感がまるで無く、とにもかくにも「疲れた」という言葉しか出てこない…そんな一日でした。

駅までA-bikeで

そして週が明けた月曜早朝。いつも自分が利用する4つの路線のうち、3つが終日運休だという事を知ります。その日はネットで調べ最初の路線は徒歩、そして2番目の路線はバスを使い、運行している3番目の路線まで何とかたどり着けたものの翌日も最初の路線は終日運休。そこで少しでも楽になればと、部屋でホコリをかぶっていたA-bikeを久しぶりに使ってみることに。

もっとも、A-bikeのタイヤは小さいぶん少しの段差でも引っかかってしまうので、自分の場合スピードはあまり出せず2番目の路線の駅まで1時間弱かかりますが、それでも歩きよか断然疲れません。小さく折りたためるので持ち運びも楽です。いつもなら最初の路線を使えば10分とかからないのに…自分は電車に頼りきりだったんだなと、つくづく感じました。

でもこんな苦労、被災しているかた達と比ぶべくもありませんが。

未整理

2011年03月23日 18時56分

24キロダルトン, クロイワサンニ, ©2005 by クロイワサンニの代理人(961832p).
Powered by Blosxom, Hosted by 80code.com.