24キロダルトン : 自作オナホなどの理想的なオナグッズを探究するブログ

メニューまで移動

カテゴリ : 自作オナグッズ

自作オナグッズ雑記

自作オナグッズに関する、ごちゃ混ぜメモです。外部リンクの紹介、気になる用語。

リンクの紹介“オナホールの危険性を冷静に語るスレ(2ちゃんねる検索)”

2007年05月15日 00時00分

URL : http://find.2ch.net/index.php?STR=%A5%AA%A5%CA%A5%DB%A1%BC%A5%EB%A4%CE%B4%ED%B8%B1%C0%AD%A4%F2%CE%E4%C0%C5%A4%CB%B8%EC%A4%EB%A5%B9%A5%EC&COUNT=10&TYPE=TITLE&BBS=bbspink

たまに化学に詳しそうな人が来ます。ここでアダルトグッズ板の自作オナホスレを知りました。このスレに出会ってなかったら、そして650氏のレスがなかったら、ここのコンテンツも無かったことでしょう。

オナホコンテンツ作成のきっかけとなった650氏のレス
650 南極774号 sage 2007/03/25(日) 07:27:45 k6dLbYjh0
    >>649
    いや、恐らくホールはどれもPVCだと思うよ.
    PVCベースで多少他の高分子を混ぜたりしているのかもしれない.
    ウレタンとか人肌ゲルはまた全然違う.

    オリジナルオナニーホール製作 スレで,
    ホールを鍋で溶解して再鋳造してるんだけど,
    どのホールも溶けて混ざるし,特性もほぼ同じだから
    ただの売り文句だと思われる.

    該当スレに行けば各種ホールのグラムあたりの値段とかも出てるよ

http://sakura02.bbspink.com/test/read.cgi/adultgoods/1151327945/より引用。

リンクの紹介“オリジナル オナホール 製作(2ちゃんねる検索)”

2007年05月15日 00時00分

URL : http://find.2ch.net/index.php?STR=%A5%AA%A5%EA%A5%B8%A5%CA%A5%EB+%A5%AA%A5%CA%A5%DB%A1%BC%A5%EB+%C0%BD%BA%EE&COUNT=10&TYPE=TITLE&BBS=bbspink

錬成師の人たちが日々試行錯誤しながらオリジナリティ溢れるオナホを作り出しています。すさまじいエネルギーを感じるスレですが、ガスとか引火とかちょっと怖いです(^ω^)。オリジナルオナホスレは複数の板にあるみたいですね。自分はアダルトグッズ板のを最初に知りました。

リンクの紹介“オナホール(Wikipedia)”

2007年05月15日 00時00分

URL : http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%8A%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB

文章が真面目なので、逆に笑えてきてしまいます。いったい誰が書いたのか分かりませんが、頭部型というものを初めて知りました。

シリコーンで素材チェック用の型を作成

2007年06月15日 15時14分

はじめての型取り!

型取りの練習も兼ねて、素材テスト用の型を作ってみます。フィギュアやプラモデル関連のサイトを参考に、見よう見まねでやってみました。ちなみに、今回のような型は“片面型”と呼ぶそうです。

用意したもの
作業の流れ
型を作る

香水のキャップがちょうどよいサイズだったので、これが収まるサイズに切った牛乳パックを用意して、底に両面テープでつけます。

今回は底に凹凸があったので、牛乳パックを切ったときの残りにキャップをつけてから底へ入れました。

流し込み

型ができたら離型剤を吹きつけ、型取り用シリコーンを流し込みます。気泡ができるのを防止するため、最初は少しずつ入れるようにするといいようです。全体が覆い尽くされたら、後はドバーっと入れちゃいました。

取り出す

1日放置して、固まったようなので取り出します。

取り出したら角を面取りして(安定させるためらしい)、離型剤を洗い流し、できあがりです。よく見ると小さな気泡が何個かありましたが、どうやらうまくいったようです。

調子に乗って、紙コップを使った型も作ってみました(^ω^;)

シリコーン型は硬化後も1週間くらい放置して、オイルやアルコールなどを完全に揮発させないと、流し込む素材によっては硬化不良がおきるようです。

シリコン?シリコーン?シリコン樹脂?

2008年06月13日 17時09分

シリコーン、シリコン樹脂…ネットで素材を探していたりすると見かける言葉があります。 ふと、シリコンとどう違うのか気になったので検索しました。

どうやら化学ではシリコン(silicon)はケイ素のことで、それ以外の分野でシリコンという場合、それはシリコーン(silicone)である場合が多いようです。シリコーンについては上記リンク先にいろいろ書かれていますが、シリカケトン(silica ketone)シリコケトン(silicoketone)っていうものの略だったんですね。とても、まぎらわしいです(笑)。

このシリコーンが主成分のものの一つにシリコン(シリコーン)樹脂がある、と。なので日常的(?)にシリコンと呼ばれるものの多くはシリコン樹脂とみてよさそうです。

でもこの“シリコン樹脂”という言葉…自分だけかもしれませんが、樹脂というイメージからすると少し違和感があります。なんというか…自然とのギャップというか。Wikipediaで樹脂についてたどっていくと、いろいろ経緯があるようなので仕方ないかもしれませんが、個人的には例えば“樹脂状シリコーン”のほうがしっくりきますね。

でも4文字だと言いやすいっていうし…こういう日本語のあれは考え出すとキリがないです(苦笑)。とりあえず歩み寄って、今までのページ中にある“シリコン”は“シリコーン”へと文字を置き換えました。ついでに“ウレタン”も“ウレタン樹脂”へと置き換えたほうが良さそうです。シリコンと違って“ウレターン”という言葉はありませんでした(笑)。

レジン?レジンキャスト?

2008年06月13日 20時09分

シリコンと同様、これも自分の中で曖昧だったのでWikipediaで見てみることに。

む、レジンキャストの本来の意味は、樹脂成型方法の総称だったんですね。てっきり素材のことだと思っていましたが、模型やガレージキットの分野では、レジンキャスト法で作ったものや、レジンキャスト法に使う素材を意味することもある、と。今まで自分が注型に使っていた素材は“レジンキャスト用樹脂”ってことでしょうか。また、素材のことを“キャスト”と略す場合もあるようです。

レジンという言葉に関しては、レジンキャストの略としての意味もあるようですけど、個人的にはやっぱり樹脂としての意味合いが強いですね。

ウレタン?ウレタン樹脂?ポリウレタン?

2010年04月21日 16時19分

これも自分の中で曖昧です。Wikipediaを見てみると、ウレタン樹脂とポリウレタンは同じものを意味するようですね。ウレタンについては説明を見ても正直よく分かりませんでしたが(汗)、何かの総称といった感じでしょうか。また、ウレタン樹脂やポリウレタンが略されて、ウレタンと呼ばれる事もあるようです。やっぱりサイト内の“ウレタン樹脂”の部分は“ポリウレタン”に置き換えました…気にしすぎですね(汗)。

リンクの紹介“SexToyScientist”

2010年10月25日 17時30分

URL : http://www.sextoyscientist.com/

海外のオナグッズ自作サイトです。ここはYouTubeから偶然たどり着きました。

自分は英語をよく知らないのですが、このサイトにある製作過程の動画を見ると作り慣れている感じがして、完成度も自分のものとは比較にならないくらい高そうです。

素材としてTPE(Thermo Plastic Elastomer : 熱可塑性エラストマー)とミネラルオイル(流動パラフィンとも呼ばれる)を混ぜた、“Elastomer Oil Gels”なるものが使われているようです。また、FDA(アメリカ食品医薬品局)の基準を満たした原料を使い、身体にも配慮しているようですね。

このサイトには作り方のほかにも各原料の分量や値段など詳細な情報があり、素材で行き詰っていた自分に新しい可能性を感じさせてくれました。

人肌のゲル関連

2015年02月26日 05時02分

未整理

2015年05月19日 09時31分

24キロダルトン, クロイワサンニ, ©2005 by クロイワサンニの代理人(961832p).
Powered by Blosxom, Hosted by 80code.com.